トラックを運転する時の注意

トラックは大きな荷物を運ぶので、運転の注意点が他の自動車と比べると多いです。普通の乗用車より運転席が高く、車体も大きいため、視界や視野が違います。
特に左側後方は死角が大きく、バックミラーやアンダーミラーで映らない範囲が死角になります。安全に後退するためには、一度トラックを降りてから後方の安全を確認したり、別の人に誘導してもらったりします。ただし誘導の時も過信せずに、自分の目で安全確認することが大切です。
また車幅が広いので、細い道を走行する場合は歩行者や対向車に注意しなければなりません。自動車が曲がると、後輪が前輪と比べて内側を通ります。この通り道の幅を内輪差と言いますが、トラックは車体が長いので内輪差も大きくなります。
カーブでは内輪差以外にも注意点があり、液体の荷物を運んでいる時は、重心が移動して転倒する恐れがあります。急ブレーキや急加速でも積荷が偏れば、波が生じてタンク全体に負担をかけます。
さらに急ブレーキが原因でトラクタの部分とトレーラー部分がくの字に曲がることをジャックナイフ現象と言います。この現象は重大事故を引き起こすことがあるので、運転手は急ブレーキや急加速を控えなければなりません。

トラック買取で悪徳業者に騙されないために!

悪徳業者に騙されないために トラックの買い替えを考える人で少しでも高くトラックを売りたいという人に知っておいてほしいことがあります。そこで、悪徳業者に騙されないためのアドバイスをお教えします。
トラックは、重量運搬を目的として生産され、運送業や建設業、各種運搬業務として利用されます。そのため、通常の自動車に比べれば走行距離が伸び、故障への懸念も否めません。
しかしながら、コンポーネント部分やエンジンなどの各部位が乗用車に比べて耐久性を高める工夫がされており、100万キロ走行にも耐えると言われています。100万キロ走行と言ってもメンテナンスにもよりますが、海外市場では100万キロを超過した車両でも走行していることがあります。海外市場で活躍する中古車は、部品生産が終了している車も多く、部品取りとしても高い価値があるのです。
業者の中には、十分にそれを把握しながら安く買取り、高く売却する悪徳業者も多く、中には、高価買取を謳っておいて、高額で付けた査定額から、高い手数料を回収するという悪徳業者も存在します。
現金での買取でなく、後日入金として車両は引きあげて、入金しない業者もおり、素人相手に騙しのテクニックを使って安く買取りをします。
買取に出す際には、買取実績が高い業者に依頼することが良いでしょう。

pickup

福岡で賃貸を探す
ワーキングホリデーの無料相談
ハワイ ウェディング
太田市で税理士を探す
サッカーユニフォーム オーダー
監視カメラを設置する
モルディブツアー
商標登録を代行

最終更新日:2018/10/12

menu contents

『トラック 業者』 最新ツイート

@hasewo_skull

仕事のトラックが動かなくなって、業者待ちっていう拷問受けてる(☝ ՞ਊ ՞)☝

7分前 - 2018年12月19日


@2_akinana

宅配トラック来たと思ったら別のお宅だった... 年末だもんね...宅配業者も忙しいからしょうがない...

1時間前 - 2018年12月19日


@jhl3OBAIMK1ANlU

ご近所の手前もあり、怒りを鎮めるしかない。 業者名とナンバー控えておくべきだった😅 礼儀正しい運転手がいる一方 知能と態度の悪いトラック運転手、たまに居てる👎

1時間前 - 2018年12月19日